2021年06月20日 21:37

井上尚弥、予想通りとはいえ、圧巻の試合運び。

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級タイトルマッチが19日(日本時間20日)、米ラスベガスのヴァージンホテルで行われ、統一王者・井上尚弥(大橋)が挑戦者のIBF1位マイケル・ダスマリナス(フィリピン)に3回2分45秒TKO勝ちした。WBAは5度目(正規王座を含む)、IBFは3度目の防衛に成功。日本人初の4団体統一に向けて、聖地ラスベガスで2連勝を飾った。ともに28歳の両者の戦績は、井上が21勝(18KO)、ダスマリナス30勝(20KO)3敗1分け。



本文中の記事は、
THE  ANSWER より

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
コインチェック
月別アーカイブ
楽天市場