2020年12月13日 16:26





FB_IMG_1607844279346



逆転ノックアウト!


来年、古巣帝拳ジムへ行ったときには、練習を見たい。

2020年12月11日 13:28



 二重跳びの出来ない小中学生は、いつも二重跳びが出来るようにしている。一回なら出来るけど…、という子も多く、その子達は、連続して跳ぶためのコツを教えている。
VID_20201210_192629_pict

VID_20201210_192629_pict_2



 中学生Rも、連続二重跳びのコツを教えているが、3回連続までは順調について来たのに、最近は2回目で引っかかってしまう。


VID_20201210_192629_pict_2_2


 理由は、空中姿勢。


 1回目のジャンプは、キレイに跳べているが、2回目になると、空中でバランスを崩し、空中にいる時間が短くなる。ボールが何度も弾むように跳べれば、体力が続く限り跳べるのだが…。




VID_20201210_192629_pict_2_2_2_2_2

VID_20201210_192629_pict_2_2_2_2




VID_20201210_192629_pict_2_2_2_2_2_2


 姿勢が崩れる原因は、骨盤が下がっていること。姿勢矯正をやっている(bodyreborn.jp)ので、それは解っているのだが、それを理解してもらえる様に説明するのが難しい。





2020年12月09日 20:39



 小学生一人しか来ず…。


 帰ってから、スケボートリックの練習。何日目やぁ?



VID_20201208_201542_pict




まだ、全然出来そうにありません…。(笑)



2020年12月08日 20:26



 5人も来た。(笑)

MVIMG_20201208_185444
MVIMG_20201208_185447



 新入り中学生だったR、今日は左アッパー。これで、パンチの全種類を教えたことになり、これからは、この組み合わせや応用を教えていくことになる。

MVIMG_20201208_185617



2020年12月07日 18:42



 俺も、メイウェザー挑発しよかな?(笑)



m_huffingtonpost-5fcd8152c5b626e08a2b1ce1



2020年12月05日 00:40



 週一回、ストレスを発散するかの様に暴れん坊打ちをする、小学生HRト。


Polish_20201205_002625798

体重をぶつけるオーバーハンド・ライト。


VID_20201204_193454_pict_2

体重をぶつける左フック。


VID_20201204_193454_pict_2_2_2

オーバーハンド・ライト。後ろから。


Polish_20201205_002814582

体重をぶつける、左ストレート。無茶苦茶打っているようで、実は綺麗なフォーム。(笑)


 子供は非力なので、思いっきり打たせると、腕力で打とうとせずに、自然に体重移動をして打とうとする。選手になるなら、この感覚を忘れないまま理屈でフォームを教えると、速くて強いパンチが打てるはず、だと思っている。







2020年12月03日 22:04



 今、中学生にやらせているバランストレーニングを、大人にも試す。それは、若い(22歳)割に体が硬く、バランスが悪いから。ただし、ボクシング応用編のみ。


VID_20201203_193106_pict

ワン

VID_20201203_193106_pict_2

ツー

VID_20201203_193106_pict_2_2_2


左フック

VID_20201203_193106_pict_2_2_2_2

右スイング。


 さらに、ダッキング(しゃがんで戻る)も。柔らかい所でダッキングする場合、バランスが悪いと、落ちてしまう。一番無駄なくダッキング出来る重心を覚える練習になります。

 パンチも、踏ん張れない分、重心の位置が悪いと落ちてしまう。だから、落ちない重心を、自然に覚える練習になります。

 その後、フツーにミット打ち。「打ちやっす〜!」という、感想でした。

2020年12月02日 14:02



 簡単なようで、意外と難しい「上半身を捻る」動き。胸椎(背骨)の可動域だけでなく、「意識
」も重要なのです。

 しかし、その「意識」することも、意外と難しく、特に子供に理屈で理解させる事は至難の業。

 そこで考えたのは、空中で上半身を捻ること。「体をひねって」と言うと、多くの人が足から捻ります。それを、上半身から捻らせる。サッカー選手が、空中で体を捻ってヘディングシュートをする動き。


MVIMG_20201201_192936


Polish_20201202_134952483



これが出来ると、ボクシングだけでなく、運動能力が上がるし、日々の生活も楽になります。



2020年11月30日 21:07



 ミニ脊柱模型をいました。

 後頭骨(こうとうこつ)、頚椎(けいつい)、胸椎(きょうつい)、腰椎(ようつい)、仙骨(せんこつ)、腸骨(ちょうこつ)、大腿骨(だいたいこつ)、頚椎動脈、神経根から成っています。


00000IMG_00000_BURST20201130191533227_COVER
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20201130191937313_COVER
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20201130192013997_COVER




 これは、姿勢の歪みが、ボクシング(他スポーツも)や日々の生活に悪影響を及ぼすことを、説明しやすくする為です。

 横から見た時のS字の弯曲は、「生理的弯曲」と言って、人間にとって、非常に大切な弯曲です。

 ボクシングでパンチを打つときの、体の回旋運動も、この生理的弯曲があってこそ、最大能力が出ます。もちろん、走ったり、投げたり、打ったり、蹴ったりする時もです。
 

 偏頭痛は、頚椎が歪む事で、頚椎動脈が圧迫され、起こります。脳へ行くべき血流が少ないからです。立っている時に気を失う人も、脳への血流量の不足が原因です。

 脊柱菅狭窄症やヘルニアはもちろん、内臓の不
調も、姿勢(骨格)の歪みにより、椎間板や神経が圧迫されることが、原因です。


 神経伝達が阻害されることは、体に様々な不調をもたらします。健康を維持する為には、生理的弯曲が必要なのです。


※生理的弯曲が崩れていない人は、取り戻す必要はありません。維持して下さい。




 
 


2020年11月28日 20:05



 右ストレートが重くなり、キャッチやダッキングも上手くなったので、金曜日は、新入り中学生に、遂に左フックを教えた。



IMG_20201127_200728
IMG_20201127_200735



初めてにしては、なかなかのスイング👊

月別アーカイブ
楽天市場